投資方法 ③株主優待クロス取引+長期保有優遇銘柄

投資方法

概要

クロス取引とは株式の「現物買い」と「信用売り」を同値+同株数行い、翌営業日に「現渡し」を行う取引のことである。

株主優待クロス取引とは、クロス取引を「権利付き最終日」と「権利落ち日」に行い、株主優待のみを取得すること(「優待ただ取り」や「つなぎ売り」とも言われている)

・長期保有で株主優待内容が優遇される銘柄の、単元未満株(端株)を長期保有した状態で「株主優待クロス取引」を行うことで、長期保有優遇の恩恵を受けつつ株主優待のみを獲得する

メリット

・一時的に株式を保有し優待のみを取得できるため、単元株の株価下落を気にする必要がない

・一時的に株式を保有するため、資金の拘束期間が短い

・単元未満株を長期保有することで、長期保有優遇の株主優待の恩恵を受けることができる

デメリット

・売買手数料/逆日歩/配当金差額支払いが発生し、あまりお得にならないことがある

・単元未満株の株価が下落するリスクがある

やり方

・長期保有で株主優待の内容が優遇される会社の単元未満株を取得する

・その株を指定された長期保有期間、保有する

・株主優待取得月の「権利付き最終日」と「権利落ち日」に「株主優待クロス取引」を実施する

株主優待クロス取引

<SBI証券で実施する場合>

・SBI証券のサイトに行き「株主優待」をクリックする

・「継続保有特典」「任意の月(今回は4月)」「一般売り」「制度売り」をクリックし、

 株主優待実施銘柄を検索後、「お好みの銘柄(今回はフジ・コーポレーション)」をクリックする

・株主優待の内容を確認したい場合は「株主優待」をクリックする

・「優待内容」「優待獲得株数」「長期継続保有期間」を確認する

・「信用売り」をクリックする(権利付き最終日の取引時間前に発注しておく場合)

・任意の株数を「信用売り」の株数へ入力する

・「成行」をチェックし、任意の「信用取引区分(制度/一般/日計り)」をチェックする

・問題なければ「取引パスワード」を入力し、「注文確認画面へ」をクリックする

・ご注文内容を確認し、「注文発注」をクリックする

・再度、フジ・コーポレーション銘柄情報へ行き「現物買い」をクリックする

・「信用売り」と同数の「株数」を入力し、「成行」をチェックし、任意の「預り区分(一般預り/特定預り/NISA預り)」をチェックする

・問題なければ「取引パスワード」を入力し、「注文確認画面へ」をクリックする

・ご注文内容を確認し「注文発注」をクリックする

・「注文照会 取引・訂正」で注文内容を確認する

・権利付き最終日の取引時間開始後、「当日約定一覧」をクリックし、注文が約定しているか確認する

・権利付き最終日の取引時間終了後、「取引」→「信用返済・現引現渡」をクリックし、「現渡」をクリックする(権利落ち日である翌営業日の発注を済ましておく)

・「現渡」する株数を入力し、「取引パスワード」を入力して「注文確認画面へ」をクリックする

・注文内容を確認して「注文発注」をクリックする

・「注文照会」で翌営業日の取引内容を確認する

・「当日約定一覧」をクリックし、翌営業日の権利落ち日に「現渡」注文が約定していることを確認する